特色エリア > 中華精品エリア

臻粋養生エリア(中華精品エリア)は中華霊気を集めた漢方医薬養生の宝庫をここに浮かべます。展示された霊芝、虫草や燕窩、人参鹿茸、ひいては保健茶、酒、栄養食品は展示会の生気に満ちた光景になるに違いないです。科学技術の絶えず続く革新と人間の認知度の深化に伴い、新資源を利用した新たな健康食品を開発して人々のニーズを満たすことは、21世紀の健康食品のメガトレンズになっています。これは主に昆虫、海洋生物と漢方薬の三方面から具現化されています。中国の保健食品は濃厚な「中国特色」を持っており、多くはある漢方薬処方に由来しています。何千年にわたった処方の改造、新たな漢方薬と薬食の開発が絶えず続いてきました。現在のほとんどの健康食品に関わる科学研究機関、メーカーにとっては、当面の急務は研究を深耕し、ハイテク含有量の漢方薬健康食品を開発することです。

 

 

漢方薬とはその名称の示す通り、漢方医の薬であり、中国の伝統的な漢方医の特有の医薬であり、主に中国に由来しているが、西洋参などの少数の薬は海外からの由来です。「上薬養命、中薬養性(高レベルの医薬は命を養生する。中レベルの医薬は心をのびやかに楽しくさせる)」の理念のもと、漢方薬は健康食品業界の人気の新寵児となっています。それに加え、全世界範囲で漢方薬という中国で数千年以上にわたった歴史を持つ養生製品に興味深く、欧米諸国はイチョウの葉の一部の成分を抽出し、ガムやチョコレートなどの保健食品を生産し、大人気です。健康食品における漢方薬の地位は無視できない存在だといえます。中国の漢方薬の特色ある保健製品は現在の世界市場における需要量が増加していくため、第10回中国国際健康と栄養健康食品展に中華霊気を集めた漢方医薬養生宝庫である中華精品エリアが開設されています。ここにて出展された霊芝、虫草や燕窩、人参鹿茸、ひいては保健茶、酒、栄養食品はいずれも、主催者が入念に厳選し、真剣な審査を経たものです。UBMのユニークな海外資源と商会のユニークな海外展示プラットフォームを合わせ、出展社の為に国際化の出展プラットフォームを提供しただけではなく、国内特有の保健製品を世界デビューさせ、世界の注目を集めています。