特色エリア > 特医エリア

全世界範囲で健康業界領域に新たな変化が起きており、健康維持の重点は疾病の治療から疾病の予防すなわち治未病(未病を治す)のあり方に移行しています。栄養食品の分野でも同様に、患者の為に科学的に論証された栄養処方を提供し、補助役として医薬品とともに疾病を治療し、人体機能の回復加速ができるという革新はすでに医療システムでますます重要な役割を果たしています。特殊な医学用途の処方食品は、食事制限、消化吸収障害、代謝障害あるいは或る病気状態の人たちの栄養素や食事に対する特殊なニーズを満たすために、専門的に加工して調製した処方食品です。特殊医学的用途の処方食品の応用は患者の栄養状況を改善し、患者の回復を促進し、入院時間を短縮し、医療費を節約するなどの面で大きな役割を果たしている。

 

国内市場における特殊医学的な用途の処方食品に対する需要を満たすため、中国で特殊医学用途処方食品を発展させ、国際とマッチングした国家規格体系を確立するため、国家衛生計画委員会は2013年第11号公告で『特殊医学用途処方食品通則』(GB29922-2013)と『特殊医学用途処方食品良好生産規範』(GB29923-2013)という二つの国家規格を公布し、中国で2010年に公布した『特殊医学用途乳児処方食品通則』(GB25596-2010)と合わせ、中国の食品安全規格体系にはすでに「特殊医学用途処方食品」について3つの規格が確立された。関連統計によると、中国では728件の腸栄養注射剤と60件の腸内栄養剤医薬品(海外製品を主とした45件を占める)を批准した。中国における特殊医学用途処方食品の発展を促進するために、2019HNC栄養健康食品は正式に「特医館」を発足させ、企業が関連管理ポリシーを理解し、特医分野を開拓し、商機を掘り起こすことを支援する。